■黒石商工会議所|会頭あいさつ
 
黒石商工会議所会頭 新岡常雄

 
 
【2019年 年頭所感】


新年明けましておめでとうございます。

会員の皆様には、健やかな新春をお迎えのことと心からお祝い申し上げます。昨年中は、当会議所の事業の各般にわたり格別のご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

平成30年は、大規模な自然災害が多発した年でありました。西日本をはじめとする集中豪雨や相次ぐ台風、大阪北部地震、北海道胆振東部地震を起因とした大規模停電など、防災の重要性を再認識した年でもありました。当地でも台風の直撃を受けましたが、幸いにもその被害は微少に止まり安堵したところであります。 

 国内経済は、個人消費は伸び悩むものの大企業を中心とした好業績が継続し、企業業績や雇用が改善され好景気が維持されていると云われ、高度経済成長期のいざなぎ景気を本年1月には超えるのでないかといわれています。しかし地方においてはその実感はなく、大都市圏との地域間格差が一層拡大していると感じております。人口減や若年層の流出が続き景気回復を望む当管内においては、事業後継者問題など事業経営に係る諸問題を抱えている事業者も少なくありません。そのような中、本年10月には消費税10%の実施とともに軽減税率が導入される予定であり、消費増税に伴う適正な価格転嫁対策は事業経営においては不可欠であります。会議所では事業者への伴走型支援する態勢としていますので、事業経営に係る諸問題など何なりとご相談・ご利用いただきたいと思います

 昨年10月には津軽こみせ鰍ニ当会議所が共同し、黒石市中心市街地活性化協議会を設置いたしました。現在、黒石市が中心市街地の街なかの賑わい創出を目的とした黒石市中心市街地活性化基本計画を策定し、国の認定に向けて取組まれています。市策定の基本計画の実現には、官民一体となった取組みが必要とされていることから当協議会を設置したもので、これからも協議会を重ね中心市街地の活性化に向けて取組んで参ります。また、日本三大流し踊りに数えられる“黒石よされ”を全国に発信すべくクラウドファンディングに挑戦いたしました。県内外から多くのご支援いただき、一定の成果を見ることができました。 

 平成31年亥年は、何事も継続していくことでステップアップに繋がる年と云われています。会員事業所の皆さまにとりまして、この一年がご健勝で事業繁栄・飛躍の年となりますことを祈念し新年の挨拶といたします。


  
 
 
                                                                                 ページ先頭へ